知りたい?医療事務の雇用事情

資格を取る前に医療事務の仕事内容についてもきちんと理解しておきましょう。

仕事内容について

資格を取るなら医療事務をと考えている方も大勢いらっしゃると思います。
ところで医療事務とはどんな仕事をするのかをご存知の方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか。
資格取得を目指す前に医療事務の仕事について詳しく知っておくことをお勧めします。
せっかく医療事務を取っても仕事内容をよく知らずに就職してしまってはミスマッチを起こすことがあるからです。
思っていた仕事とは違ったとがっかりすることもあるかもしれません。
医療事務はその名称の通り病院や医療機関での事務の仕事を行います。
患者さんが受付にいらしたらその時の対応をするのも医療事務の仕事です。
またカルテを用意する準備するのも仕事の一つです。
そして一般企業の事務と医療事務の大きな違いはレセプト業務があることです。
レセプトとは診療報酬を請求する業務の事なのです。
日本では健康保険に国民全員が加入することとなっています。
しかしながら持っている保険証の種類や年齢によって窓口で負担する金額が異なります。
また医療費の請求も各保険組合ごとに行う必要があります。
医療事務の仕事は患者さん一人一人の自己負担額を計算し、残りの健保負担分をそれぞれ計算して請求する業務を請け負うのです。
病院にとって患者さんからの治療費を徴収するのも仕事のうちですが健保組合から受け取る診療報酬がその収入の大半を占めます。
それなのでその金額が間違っていると病院の収入や経営にも大きく影響を与えることになってしまうのです。
医療事務の資格の勉強はそのレセプト業務について学ぶ項目が含まれているのです。
Copyright (C)2018知りたい?医療事務の雇用事情.All rights reserved.